仕切り役

喪主に任される仕事とは

大切な家族が亡くなると、喪主は悲しみに浸る間もなく様々な雑事に追われます。葬儀の手配、通夜、告別式と大忙しです。それらの儀式を一通り終えた後に最も大変な遺品整理という仕事が待っています。この遺品整理の時に、多くの場合は形見分けも同時に行われます。まず、形見分け出来るものを判別し、それぞれに振り分ける必要があります。形見分けする品物も小さな物であれば持ち帰ってもらえますが、大きなものであれば発送もしなければなりません。その後に残された故人の思い出の品物から必要な物と不要な物を更に分けていく作業に入ります。そして、不要な物は廃棄処分しなければなりません。供養が必要な物もあるでしょうし、リサイクルに出せる物もあるかもしれません。

面倒な遺品整理を業者に任せるには

面倒な遺品整理ですから、喪主が高齢者や仕事を持つ現役世代の共働き夫婦の一人である場合などは途方に暮れてしまう場合もあります。そんな時には、遺品整理の一連の過程を全て行ってくれる遺品整理一括代行サービスを利用するのが大変便利です。形見分けの品の発送から不用品の処分、更には清掃や建物の解体と整理までも行ってくれるのですから、利用しない手はありません。これまでは複数の業者に頼まなければならないものでしたが、手続きが面倒でした。必要な費用を支払うだけで貴重な自分の時間を確保することが出来ますし、余計な手間暇もかかりません。このようなサービスは、大手引っ越し業者で行うところが増えてきています。高齢化時代の新ビジネスを利用してみることをおススメします。